土地を賃貸してもらって、建物を建てた場合に得られるその建物の敷地に対する借地権は、とても強い権利なのです。

賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ

賃貸してもらった土地でも所有建物の敷地なら借地権は強いです

土地だけを賃貸してもらって、その上に建物を建てるという場合があります。この場合、その建物の所有者は、その土地に対して、借地権という権利を持つことになります。しかし、あくまでも借りているだけですので、この状態に不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、この所有建物の敷地に対する借地権は、とても強い権利なのです。つまり、法律はこの権利を強く保護しているのです。

その内容は、先ずは、その存続期間です。最初は30年とされています。契約でこれより長い期間を設定することはできますが、短くすることはできません。そして、その30年が満了した時は、1回目の更新が20年で、以降が10年となっています。しかも、その更新は、借地人が更新を望めば、原則として更新されることになります。地主の側から、その更新を期間満了だけを理由として拒絶することはできません。しかも、その借地権を持っているという事を第三者に主張するためには、その地上にある建物の所有権登記があるだけで足りるのです。つまり、その借地権自体の登記をしておかなければならないということはないのです。さらに、その土地を明け渡すときに、建物が残っていれば、地主にその建物の買取を請求することもできるのです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ.All rights reserved.