土地の賃貸契約というものがあります。建物だけでなく、土地もそうしたことができるし、よくあることです。

賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ

土地の賃貸についてのこと

土地も賃貸契約というものができます。これを借地契約というのですが、かなり借り手が有利であり、避ける人が多かったのです。しかし、今では新しい制度が生まれて、かなり土地の賃貸契約がやりやすくなったのです。それが定期借地権制度というものです。これは期間を決めてきっちりと契約が終了するものです。今までの契約ではそうしたことができなかったのか、ということを知らない人が多いです。今までは契約を更新すると借り手が言うと大抵は更新しないといけない状況だったのです。ですから、貸し手からは土地は一度貸すと二度と返ってこない、と不評だったわけです。もちろん、地代は得ているわけですから、所有権が取られるわけではないです。しかし、そこに新しくマンションなりアパートなりを建てたい場合もありますし、駐車場にしたいこともあります。契約が満了したら、引き渡して欲しい人もいるのです。

そこで生まれたのが、定期借地権制度というものであり、一般定期借地権ですと五十年が最低期間であり、事業用であっても最低は十年と貸す期間は長いですが、そもそも借地とはそのくらいの期間で貸すものです。そして、確実に返ってくるわけですから、安心して貸すことができるのです。

お薦めサイト

Copyright (C)2017賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ.All rights reserved.