土地を賃貸することによって利益を出すことができます。その場合は定期借地権制度を利用するとよいです。

賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ

土地を賃貸することは

土地というものは、余っていても仕方ないものです。固定資産税がかかりますから、せめてその分はどうにかして運用して利益を出す必要があるのです。そこでお勧めなのか貸すことです。土地の賃貸契約をすることです。賃貸というとアパートとかマンション、というイメージが強いのですが、そもそも賃貸というのは、貸し借りをする、ということですから、土地であっても賃貸経営、ということになります。その土地を貸す方法なのですが、出来れば普通の賃貸契約はしないで定期借地権制度を利用して契約をすることがお勧めできます。これは要するに確実に契約期間で返して貰える、というものです。但し、相当な長い期間になります。一般定期借地権ですと五十年が最低ですし、事業用でも最低は十年です。しかし、更新はありませんので、確実に返還されます。また、土地は更地にして返してもらえます。

実はこの確実に契約が終了する、というのが画期的であり、この制度は平成四年に出来た比較的新しい法律なのです。今までは借地権は更新することが義務のようなものであり、相手が望んだ場合は貸し手の都合ではなかなか解約できなかったのです。しかし、この制度ならば、確実に返してもらえるので、安心して土地の賃貸契約ができます。

お薦めサイト

Copyright (C)2017賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ.All rights reserved.