定期借地権付で賃貸経営をすることには色々とメリットがあります。経営の計画が立てやすいのです。

賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ

定期借地権で賃貸物件を

賃貸経営で最も大変なのは人に貸すこと、貸す相手が見つかるのか、ということなのですが、次いで大変なのは、退去してもらうときです。基本的に貸すときには貸し手が有利なのですが、貸した後は借り手が有利になります。それが借地借家法なのです。ですから、賃貸経営ではどうしても借り手を物凄く吟味する必要があるのです。一度貸してしまうとやめようと思ってもなかなかやめることができなくなります。立ち退き料などを支払う必要が出てくることがあります。これでは経営の計画を立てることも難しくなります。

そこでよいのが定期借地権付の賃貸経営です。これはかなり新しい法律で、期限をキチンと決めて貸すことができるのです。一般定期借地権ならば、五十年が最低の期間です。事業用借地権は十年から五十年です。貸す期間は長いですが、それでもその間は賃料が入ってくるわけです。下手に数年単位で貸して、色々と面倒なことが起きるよりは、確実に数十年の賃料を選ぶほうが賃貸経営の計画は立てやすいのです。固定資産税の減税もされるので、不動産の貸し方としてはかなりよいものであるといえます。賃貸経営は難しいですが、この定期借地権付で貸すことはかなりメリットがあります。

お薦めサイト

Copyright (C)2017賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ.All rights reserved.