賃貸マンションと分譲マンションは長い目でみてどちらがいいか?金銭的な面のメリット・デメリットを考えます。

賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ

賃貸と分譲どちらがいい?

賃貸マンションと分譲マンションどちらがお得でしょうか?まずは金銭的な面で考えてみます。賃貸マンションは家賃が無駄になるからと掛け捨てのように考えられてしまいがちです。しかし、分譲マンションの価値が永遠に変わらないわけではありません。分譲マンションの価値は大抵の場合、年数が立つにつれ下がっていきます。その為に修繕費を積立てなければなりません。10年後にマンション価値が7割減となる場所もあるそうです。更に大抵の場合、管理費と駐車場代は別途毎月支払う必要があるのです。分譲マンションの方が金銭面でお得とも言い切れませんね。

不動産の知識が豊富な人は良い立地の分譲マンションを購入して大家となったり、10年経っても資産価値の下がらない分譲マンションを購入して豊かな生活を送るかもしれません。しかし、それが出来た人は少数派であることを忘れてはいけません。人口減が叫ばれる日本で将来的にも資産価値が上がる物件を確保することは至難の業といえるでしょう。また、株、物価、金利が上昇することでローンの返済金も常に考える必要があります。賃貸マンションの場合、家賃は固定されていますから金利の上昇を考える必要はありません。下手に手を出すくらいなら、賃貸を選ぶのも賢い選択といえるのではないでしょうか。
Copyright (C)2017賃貸は簡単に動ける事もメリットの一つ.All rights reserved.